HOME > 当せん者レポート

当せん者レポート

見事高額当せんされた方々からお伺いした、当時のエピソードを集めました。 賞金額など現在と異なる場合もありますが、当せんの喜びや新鮮な感動をお届けします。

読みたい月を選択してください

※年の分類は「宝くじ高額当せんエピソード集」の小冊子に基づいています。
ナンバーズ ナンバーズ

新年の幸運を、ナンバーズ4当せんへ。

大分県のT.Aさん(38才)の高額当せんのきっかけは、お正月。たまたま応募した新年の懸賞企画で「車えび」を射止め、「これは縁起がいい。ラッキーな年になる」と、確信していました。また、その時期に「7579」という数字でナンバーズ4を買っていたため、縁起をかついでずっと同じ数字で買い続けることにしたそうです。

約半年後に、お見事、ナンバーズ4・ストレートに当せん。104万9,800円獲得で、「ツキを逃さず射止めました」とご本人談。まさしく、幸運の計は新年にあり、でしたね 。

<第2125回 ナンバーズ4>

ジャンボ宝くじ等 ジャンボ宝くじ等

3番違いで一念発起、1千万円の勝利。

千葉県のMさん(66才)は、ジャンボ宝くじファン。
いつもジャンボとなると、バラで数十枚ずつ購入していました。しかし、あるとき“1等と3番違い”という、非常にくやしい思いをしました。あまりにもくやしく、「今度からはかならず連番も購入しよう」と心に誓ったそうです。その誓い通り、次のグリーンジャンボでは、いつものバラに加えて連番も30枚、購入。

すると結果は、連番で買ったうちの1枚が2等1,000万円にズバリ当せん。さらに4等、5等にも当たる快挙を成し遂げました。

<第502回全国自治宝くじ グリーンジャンボ>

ジャンボ宝くじ等 ジャンボ宝くじ等

40枚のラストチャンスで、爛漫の春。

仕事帰りの道のりで幸運チャンスに遭遇したのは、兵庫県のM.Tさん(68才)。駅前で宝くじ売り場の人が、「春爛漫くじ、あと40枚で売り切れです」と、大声で呼びかけていたそうです。

その声を聞いて、なんとなく残り40枚すべてを購入する気になったというのも、不思議な巡りあわせです。
そして結果は、2等100万円に当せん。思いがけなく舞い込んだ幸運に「残りものに福って、本当だなと思いました」と感心することしきりのMさん。いい春になりましたね。

<第2191回近畿宝くじ 春爛漫くじ>

ジャンボ宝くじ等 ジャンボ宝くじ等

土を掘る夢、ミリオンの予感!?

ジャンボ宝くじ30年目を記念して発売された<ミリオンドリーム>を買って、抽せん日を心待ちにしていた沖縄県の会社員、Y.Sさん(24才)。ふだんはあまり夢をみないのですが、ちょうど抽せん日の夜、「自分が土を掘っている」という不思議な夢をみました。

翌朝、待ちに待ったミリオンドリームの当せん番号を調べると、なんと1等に当せんで、お見事、100万円獲得。その後、人から「土を掘る夢は財産を得る意味」と言われたそうで「あの夢は当せんのお告げだったのでしょうか」と、喜びを語っていました。

<第541回全国自治宝くじ ミリオンドリーム>

  • TVCM
  • 宝ニュース
  • 宝くじについて
  • 知ってる?宝くじ
  • Facebook
  • Twitter
PAGE TOP